FAQ – 日本語

VAQSOFacebookTwitter及びメールマガジンにて発信しています。ぜひご参照下さい。

メールマガジンの登録はinfom@vaqso.comまでメールを送信下さい。メルマガだけの配信情報もあります!

VAQSOの由来は、未知なる未来に向かって、爆走していく。です。

特に下記の三点を重視した開発を進めています。

1 手軽なサイズ 2 匂いのミュートができる 3 匂いの切り替えが瞬時にできる

この三点を満たせなければ、匂いはUXとして機能できません。VAQSO VRは、様々な匂いデバイスの設計・開発者でありパフューマーであるCEOの川口が、過去の経験とリソースを一点に凝縮し実現させた、世界最小の匂いデバイスです。

VRのユーザー体験に匂いが加わると、リアリティが一挙に高まります。これまでのゲームにおけるユーザー体験は、視覚・聴覚・触覚(コントローラーが震える程度)が主なものでした。ゲームに匂いを融合させるVAQSO VRは、全く新しいUXをもたらします。

CEOの川口は、2009年より匂い関連製品の開発や匂いのプロモーションを行うZaaZという会社を経営していました。

VAQSO Inc.ZaaZからスピンアウトし、2017年の1月に設立された会社です。

様々なゲーム、および映画のプロモーションを印象付ける特殊効果として活躍するのではないかと思っています。

できます。こちらもAPIで設定可能です。

APIで設定可能です。

デバイスが匂いを合成せずに、デバイスにセットされた匂いがそのまま出る仕組みです。

「B2B」 (カスタムメイド)の場合現在のプロトタイプ版は、匂いのチャージにコツが必要なため、別途ご相談ください。

「B2C」 (製品版)の場合ユーザーが気軽に匂いを交換できるようなチャージ方法になりす。(詳細は、後日発表いたします)

製品版の匂いのカートリッジは、1ヶ月匂いが持続します(日2時間ゲームを使用した場合の想定)

VAQSO VRから出る匂いは、およそテニスボール1個分の範囲に広がります。

匂いの放出を狭い範囲に抑えることで、一瞬で匂いを切り替えることを可能にし、スペースに匂いが充満するなどのデメリットを防いでいます。

使えます。但し、匂いをデバイスに最適化させる必要があるため、匂いの製造コストは新規の匂いと同様にかかりますのでご了承下さい。

基本的に、あらゆる匂いを作ることができます。製品版では需要の多い匂いの種類を厳選し、順次発売予定です。

BBサービスではご希望の匂いをカスタムメイドでお作りしています。

現在のプロトタイプ版では3種類です。来年以降の製品版は5~10種類の匂いが使用できるようになります。

商品の到着日から返却日までを含めて、一週間(計7日間)が基本です。長期レンタルをご希望の場合は、ご相談下さい。

業務の都合上、発送までにお時間を頂く場合があります。また、海外の場合は関税がかかる場合がありますのでご了承下さい。

プロトタイプとサンプルの送付は国内・国外とも可能です。まずプロジェクトの概要をお知らせ頂けますと、よりご要望に即した対応が可能です

価格はまだ確定していませんが、一般的に「大学生でも買える金額」を目指しています。

2018年初旬を予定しています。

使用します。バッテリー持続時間は2時間です。

そうです。

デバイスはHMDに簡単に取付けることで利用可能です。ハイエンドのHMD(Oculus RiftHTC VIVEPSVRなど)からスマートフォンVR(Day dreamGEAR VRGoogle cardboardなど)まで、様々なHMDに対応しています。APIを利用して事前にVRコンテンツにプログラムされたタイミングで、デバイスの小さな穴から匂いが出ます。少量の匂いでその効果が提供でき、匂いのミュートや素早い切り替えも可能です。