使えます。但し、匂いをデバイスに最適化させる必要があるため、匂いの製造コストは新規の匂いと同様にかかりますのでご了承下さい。